だいすきを叫びたい

ゆるオタの垂れ流し

りあこじゃないと言い張る。

りあこじゃない(と言い張る)私が妄想しがちなことTOP3


1、街中でばったり推しさんと出会わないか期待する
人がゴミのような朝の通勤ラッシュの東京駅でぶつかった相手が地方に行く推しさんだったりしないかなって思う(しない)
大抵は謝りもしないサラリーマン。
今から仕事っていう現実からの逃避です。
少女漫画のようなベタな展開を想像するの、オタク超得意。


2、メンズ用品を見ると推しさんが使用しているところを想像する
服とか、小物とか、結構皆さんやってますよね!?!?!?
あ、これ似合いそうだな、着て欲しいなっていうのはついつい思っちゃいますよね。
残念ながら推しさんは全員プレを使わない、着ない、言葉にも滅多にしない。
でもあげちゃうのがオタクってもんだよね。


3、推しが行っていた場所・お店に行く
もちろん推しさんと出くわさないように細心の注意を払っていく。
例えばロケで行った場所とか、聖地巡礼の気持ちで。
店員さんとか結構撮影のお話を教えてくれることもある。
飲食店だった場合は同じメニューを食べて1人で満足してる。
こういう時は大抵身内についてきてもらいます。


少し前、推しの好きなもの好きになるか、というような話題を見かけたのを思い出したので書いてみました。
りあこじゃないです!!!!!!(言い張る)
実際付き合いたいかと言われれば無理です。
前にも書きましたが自分が推しさんの隣に並んでいるのが耐えられない。
明日朝起きたら新垣結衣石原さとみに生まれ変わっていたら考えます。
自分も無理なんだから推しさんの隣におブスさんが並んでいるのを見るのも無理です。
面倒くさいやつでごめんな!!!!!!!!!!!!!!
でもびっくりするほど現場の服装がモノトーンなんだよ!!!!!!!!!!
年齢層高いのもあるけど、もっとこう、明るい色着て化粧はちゃんとしてきて!?!?!?!?!?!?!?!
でもその姿で推しさんの横に立とうと思った勇気、見習いたい。

ちなみに、推しさんの好きなものは好きになるタイプです。
推しさんが好きって言った食べ物はとりあえず食べてみるし(食べた上で嫌いの場合が多い)
推しさんの好きなキャラクターのグッズを買ったり。
推しさんの好きなブランドを買ったり、来ていた服と同じものを買ってみたり。
でもそれを現場に持って行ったり着ていくかっていうと話は別で、これらはあくまで私が個人的に楽しみたいからやっていることです。
目立たない程度にキャラグッズを持っていくならまだしも、同じ服なんて死んでも着ていかない。
家で一人で部屋着として着ているから楽しいんです、彼シャツっぽくて(りあこじゃないと言い張る)

あと、現場を超えてグッズ付けてくる人、嫌いです。
アニメ現場だと特に多いでしょうか、他作品のグッズ付けてくるやつ。
関係ないものは外せよ!!!!!!!!!!って気持ちになります。
Aくんの現場にAくんと仲良しのBくんのグッズを持っていく、とかも無理。
今日Bくんのイベントじゃねぇから!!!!!!!!!!!!
そもそも痛バというものを持たない、グッズを身に着けない勢なので特に気になるのかもしれませんが…。
その代わり自分の部屋や、オタクであることを公言している社内のデスクなんかは割とグッズにあふれています。


とりあえず明後日の推しさんのイベントの為にぼろっぼろの爪をなんとかすべくネイルに行ってきます。
マツエクは別イベントに合わせて予定いれていたのと、美容院は予約取れず…。
どちらも最近行ったばかりなんですが、なんかこう、最善の形で望めないのはへこむ…。
ついでに服も見に行こうと思ってますが台風みたいだし…推しさん雨男だよね…。
急だったので肌荒れもすごいし減量も出来ていない。
オタクのイベントは1か月前から。
これ、重要なので各担当者は脳に刻んでください。

オタクの1日書いてみたいので次気力があったら頑張ります。

いつもスターありがとうございます。