だいすきを叫びたい

ゆるオタの垂れ流し

秋雨は別れによりしそのかみの

こんにちは。
ご無沙汰しております。
写真集イベだったり映画公開されたり炎上したり他の人のブログで生存確認したりCD出たり急にイベント発表されたり色々ありましたが、元気にオタクしてました。

刀のキャストがとうとう発表されましたね。
色々は噂はあれど、とりあえず発表されて良かったです。
そして小笠原城公演…行きたい…。
私の初期刀は山姥切国広なので、そんなまんばちゃんのゆかりの地で行われる公演なんて…行きたいに決まってるじゃないか…。
あと最近の新刀剣が長船ラッシュなのと、刀ミュが厳島公演をやった後に小烏丸が実装されたことを考えると、もしかして本科実装するんじゃ…?なんて思っています。
何にせよ楽しみだ~~~~!!!積んだ円盤が無駄にならないことを祈ります!!!

今後の予定ですが、今年は声の推しさんがなんもな~い!超まったり!とか思ってたら後半で来ました。
とりあえず10月の最終週から12月まで週会いに行きます。
12月からは楽しみだった俳優の推しさんの公演も始まるし、すでに来年のチケットも取れているものがあるので、年が明けてもだいすきを叫んでいられそうです。

最近同担他担というか、身内の話をよく見るな~と思ったので私の話をします。
私はむしろ、同担が良いタイプです。
私はりあこじゃないし、むしろ推し崇拝盲目タイプなので、推しの話しかしたくない。
舞台も推し定点で他の人の事はあんまり見ていないし、とにかく観劇後は推しの素晴らしさについて永遠に語りたい。
そうすると、他担と行動する方が辛いです。
私は推し以外を見ていないしそもそも興味も持てないので、どこどこが良かった~って言われてもそうなんだ~で終わりだし、むしろその時の推しくんの良さについて話したくなってしまう。
さすがにそんなんじゃ一緒に行くのも申し訳ないので、基本1人か同担と観劇するようにしています。
よっぽど仲が良くて、それこそ身内と言える友達なら他担でも、お互いに推ししか見えていないこと前提で行くので大丈夫なんですが…。
ただやっぱり同担拒否じゃなくても無理な同担って存在するので、1人が気楽だなぁと思います。
観劇前後の予定も好きに立てられるし。

身内と呼べる子はいます。
私はある程度固定で一緒に観劇やイベントに行くようになり、推し事がなくても普通にご飯だったり遊ぶようになったら身内というようにしています。
リア友に近い感じですかね…。身内の子は全員本名知っているし。

あと、イベント時にTwitterで会いましょう乞食するのが無理です。
わざわざリスインとか、本当に無理。
たまたまばったり会ったとか、1~2人なら分かるんですが、10人超えの大所帯はちょっと遠慮したい。
1人参加同士話しかけてくる人も無理です。
イベントや観劇に出会いは求めていない。

同担拒否まで行かないけれど同担の事はあんまり好きじゃない、って感じでしょうか…。
この前Twitterで親和性同担拒否という言葉を見つけて、意味は「身内以外の同担が無理」らしいんですけど、まさにこれだなって思いました。
自分の知らない同担は全員敵。

ちなみに、友人でもオタク同士の友達でも、大事なのは「金銭感覚」が合うかどうかだと思っています。
観劇したい公演数、購入するグッズの量は同じ感覚じゃないと分かり合えない。
特に一緒に遠征するとなると金銭感覚の合致はかなり大事だなと思っています。
私は新幹線で行きたいけど向こうは夜行バスが良いとか、ホテルの値段とか、食事をする際のお店とか。
折角の遠征なのに気を使ってイライラするもの嫌なので、ある程度一緒に行動して金銭感覚や価値観が同じかどうかは見極めます。
でも不思議と、仲良くなる子ってここら辺が合致する子が多いんですよねぇ…。
類は友を呼ぶって本当なんだなと思っています。

今のところ、観劇するなら何人か友達がいるし、バーイベとかバスツアーが来ても一緒に言ってくれる友達もいるし、
チケ取りやトレブロに協力してくれる他担の身内も何人かいるので、これ以上知り合いを増やすことなく狭い世界で生きていきたいと思います。
(同担の知り合いって増えれば増えるほど面倒くさくなりますよね)

 

皆さんも素敵なオタクライフを。