だいすきを叫びたい

ゆるオタの垂れ流し

かわいくなりたい話。

 

推しの前では可愛い私でいたい。
100人に可愛いって思われても、推しにブスって思われたら生きていくのつらい。無理。

大前提として私はりあこさんではないです。(たぶん)
推しくんのことを異性として認識しており、好意を抱いてはいますが、付き合いたいかと言われると無理。
彼女になるなら妹になりたいので、感情としては極度のブラコンに近い感じだと思っています。
もしくは紫のバラの人になりたい。

推しに可愛いと思われたい私ですが、残念ながら可愛く生まれなかったので推しの前に立つのが嫌です。
私が接近戦が苦手な理由がここにあります。
顔に出なくても、態度に出なくても、「推しがブスって思ったかもしれない」だけでしにたくなります。
こんな顔面を視界に入れてしまってごめんなさい。

推しくんがそんなことを態度に出す人ではなく、接近戦でも平等に接している優しい人であることは重々承知しています。
でも、一瞬でも思うかもしれないじゃないですか。
あ、可愛くないなって。ブスだなって。
だって人間だもの。
顔の好みくらいあるだろうし、私だって普通に生活している上で顔の良し悪しを無意識に判別してしまっていることが多々ある。
人の第一印象は顔で決まるって言うし、どんなに綺麗事を並べても結局「顔」の印象が占める割合が大きいと思うんですよね。
どちらも初対面として、ブルゾンちえみと桐谷美玲が握手にきたらやっぱり桐谷美玲の方が嬉しいと思うんですよ。
だって人間だもの。
私だって若手俳優を顔で判断している事があるもの。

私が「顔の造作」に重きを置いていて、自分でも他人の顔面を見て失礼ながら良し悪しを判断してしまっている人間なので、推しもそうじゃないかって勝手に思ってしまんですよね。
被害妄想過多なのは重々承知しているのですが、私だったら思ってしまうから推しもそうかもしれないって考えてしまう。
きっと私が顔の造作に無頓着な人間か、石原さとみ新垣結衣レベルの顔面を持って生まれていららこんな悩みは抱かなかったに違いない。

じゃあブスは大人しく引きこもっているのかと言うと、悪あがきのようにそれなりにお金をかけてイベントに出かけている。
イベントに合わせてまつエク、美容院、ネイルの予約。所謂デパコスで顔面工事して、服もほぼ毎回買う。
毎日カロリー制限して推しと顔面の大きさの差をなくそうと頑張るし、自分の中で納得できるラインまで、なんとか自分を持ち上げようと頑張ってみる。
でも、やっぱり、生まれ持った顔面の差はどうにもならないじゃないですか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
1パック300円のいちごは逆立ちしたって1粒800円のあまおうになれないんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!

少し前の記事で歯を治したと書いたのですが、あれ全部合わせたら100万以上かかっているんです。
自分の中ではプチ整形です。
でも歯が綺麗になると、今度は違う部位が気になって気になって仕方がなくなってくるんです。
鼻をもう少し高くしたい。目頭切開して目を大きくしたい。涙袋が欲しい。
整形依存というか、1つ綺麗にしてしまうと、他を治せばもっと綺麗になれるかもしれないって期待を抱いてしまうんですね。
まだ他の部位に手を出してはいないですが、これは金銭的な問題なのでもしかしたらいつか手を出しているかもしれない。
整形したとして、推しに整形したなって思われたらまたしにたくなるから結局しないかもしれない。

でもここまでして自分の納得する「綺麗な顔」になって、推しに綺麗だねって思ってもらえたとして、その先にどうなりたいかと言うと分からない。
冒頭でりあこさんではないと書きましたが、それは私自身が「推しの隣に立つこと」を許せないからであり、もし私自身が納得する私になれたら推しと恋人になりたいと思うかもしれない。
でもきっと、私自身が納得する私になれる日なんて来ないし、推しはガッツじゃない私のことなんか認知することもないでしょう。

かもしれない。ばかりが多い文章で、優柔不断の面倒くさいメンヘラ厄介オタクだなって自分にドン引きしました。
朝起きたら石原さとみの顔面に生まれ変わっていますように。