だいすきを叫びたい

ゆるオタの垂れ流し

お手紙の話。

最近お手紙の書き方をたくさん拝見するので私も書いてみたくなりました。

 

・レターセット
集めるのが趣味なので、決まったものはないです。
基本的にはその時の舞台の世界観や演じている役に合わせています。
イメージカラーが赤だったら赤が入っているものを、和物のお話だったら和風の便箋にするなど。
同じ柄を続けて送ることもあれば、全然違う柄で送る時もあります。
私からだと分かって欲しいとか、覚えて欲しいとかはないので、本当に気分。
書いてて楽しいものを選んでいます。


・宛名
封筒への宛名はフルネーム+様
○○様へのような「へ」は付けません。
○○役 △△様へというような役名を書いたりもしますが、
基本的にはフルネーム様付けです。
字が汚いのでここが一番緊張する。
書くときは普通のボールペンで書きます。


・書き出し
○○様
こんにちは、××と申します。
いつも楽しく舞台を拝見させて頂いております。

誰に書く時でもここまでが定型文です。
「初めまして」は最初に送る時以外書きませんが、必ず最初で名乗ります。
これはお手紙を出す上で最低限の礼儀だと思っています。
初めてお手紙を出す方には、前述の通り字が下手なので「悪筆で読みにくく申し訳ありません」という一文を添えています。
ボールペン字講座とかやってみたんですけど、本当に字が下手で社会人ながら恥ずかしい…。
丁寧語は崩しません。フランクな物言いもしないです。
出来るだけ綺麗な日本語を使ってお手紙を書くよう心がけています。
(このブログですら綺麗な日本語を使えていないのに…。)


・内容
舞台観劇前ならその舞台への期待値を書きます。
続きものなら前回はこういうところが好きだったので、今回はこういったところが楽しみです、など。
舞台観劇後ならその舞台の感想を。
基本的にベタ褒めスタイルです。
あそこのシーンの表情が良かったです、あそこのセリフがとても心に響きました、など。
悪かった点などは思っても書きません。
それは私の書くべき内容ではないと、勝手に思っているからです。
悪かった点や直して欲しい点をお手紙に書くのは個人の自由で良いと思います!


・締め
プレゼントを送った場合は、どうしてそのプレゼントを選んだのか簡潔に書きます。
(服の場合は似合いそうだったから以外に理由が思いつかないので書きません)
次の公演が決まっている場合は次も見に行く予定なので楽しみにしています、など。
文末は千秋楽ならばお疲れ様でした、公演中なら怪我なく頑張ってくださいというのを当たり障りなく綴って締めます。

自分の話や近況報告などは書かないです。
また、お手紙を出す公演と別の公演のお話はなるべく書かないようにしています。
例えば、テニスのミュージカルの公演にお手紙を出すときにバレーボールの公演のお話はしない、など。
ファンイベや個人イベで出す場合は全部ひっくるめて書くのですが、その公演はその公演で演じている役を見に行っているので、
それ以外のお話はあんまりしないようにしています。


・お手紙を出す頻度
公演期間中に1~3回です。
初日・千秋楽と、間で書くことが出来れば書くくらい。
基本的には観劇前の期待値と観劇後の感想をお手紙に書いているので、初日と千秋楽が多いです。
途中でお芝居が変わって、それがものすごく好みだったらその興奮を伝えるお手紙を出すことがあります。
正直私のお手紙を読む暇があったら1秒でも長く休んで欲しい気持ちもあるので、そんなにハイペースでは出しません。


・お手紙の量
2~4枚です。
出来るだけ3枚に収めるように心がけていますが、字が小さくなるので読みにくくなっているかもしれない…。
推しくんごめん…。


・送り主
便箋の最後と、封筒の裏に本名フルネームを記載しています。
事務所に送る場合は住所も記載しますが、基本的には公演期間中にプレゼントボックスに入れる事が多いので名前しか書きません。
自意識過剰なのは重々承知ですがあの箱に入れるものに住所を書くのは怖いです。
お手紙に住所を記載するのが礼儀というのは過去にもいろんな方がお話されているので割愛します。
私は「プレボに入れるときは書かない、事務所に送る時は書く」スタンスです。
あと、チケットはFCで取ることが多く、そのFCに住所氏名連絡全て入っているので、スタッフさんがいちいち照合なんて手間なことをしているとは思いませんがまぁ何かあったら勝手にFCで連絡先を調べてくれと思っています。


・下書き
携帯のメモ帳に下書きしてから清書しています。
お手紙の下書きは全部残しています。
内容が重複しないように見直すのと、過去はこういう風に感じましたが、今回はこうでした~みたいな、過去の内容に加筆修正して出すこともあるので記録用に。


・お手紙を書く時間
下書きが30分~1時間、清書が1時間~2時間です。
何度でも言いますが字が下手なので清書は少しでも綺麗に書けるよう出来るだけ丁寧に書いています。
基本的には観劇予定の前日夜に書いています。


・ボールペン
三菱のジェットストリームか、ユニボールのシグノです。
ジェットストリームはただ単に一番書きやすいから。
シグノは耐水性が強いので、雨にぬれても滲まない為、公演日が雨になりそうなときはこっちで書いています。
シグノはゲルインキなので、書くときに伸びないように注意が必要ですが、こちらも普通の油性ボールペンより書きやすいと思います。
フリクションは絶対に使いません。
フリクションは熱に弱いので、暑い日に窓際に置いておくだけで消えてしまう可能性があります。
折角心を込めて書いたお手紙が読めない…なんて悲しいことになって欲しくないので使わないし、近くで使っている人がいたら他のをすすめています。
(元文具店勤務なので、ついボールペンを語ってしまいました…。私は三菱さん贔屓です…でもパイロットさんも好きです…パイロットだったらアクロボールが書きやすいと思います…)
黒以外のボールペンは使わないようにしています。
これといった理由はないですが、友達に送るものではないので、なるべくきちんとした形で送りたいなぁというので、黒のみで統一しています。
同じ理由でシールで封筒をデコレーションなどもしないです。


・その他
1番初めに「私だと分かって欲しいとか覚えて欲しいとかはない」と書きましたが、ちょっとした工夫をして出しています。
でも覚えて欲しいというよりかは、やっぱり「きちんとしたお手紙を出したい」一環としてやっていることです。

 

全部私流の書き方なのでこれが正しいというものではないですし、これと違う書き方だからといった何かあるわけではないです!
みなさんも仰っていますがファンレターなんて自己満なので、自分が書きたいように書けば良いと思います。
(だからと言って行き過ぎた駄目だしや誹謗中傷は良くないと思いますし、Twitterでの私は行けませんがリプは嫌いですが)

 


いつもスターありがとうございます。