だいすきを叫びたい

ゆるオタの垂れ流し

10年近く声オタをやっていた私が若手俳優沼に転がり落ちた話。

10年近く声オタをやっていた私が若手俳優沼に転がり落ちた話。

ついこの間、某アイドルさんに心臓をささげた方の「恋と推しには落ちるもの」というブログを拝見し、感化されまっくたので私も流行りのブログを書きます。
身バレしないよう推しの名前はぼかしてますが丸わかりだと思うので、もし私が誰だかわかってもそっとしておいてください。

私は10年近く某男性声優さんのファンをやっていました。
青春を紫に染め上げ、心臓と魂と人生を捧げた推しです。

それが、本当に、自分でもびっくりするくらいストンと俳優さんに落ちました。
本当に「恋と推しには落ちるもの」、そしてそれは一瞬の出来事でした。
あ、好きだなと思ったその瞬間にはもう彼は私の推しになっていました。

私は同じくオタクである親から英才教育を受け、物心ついた頃からアニメを見て育ったアニオタであり、声オタでした。
俳優沼に落ちたきっかけは某擬人化作品の舞台です。
それまでは2.5次元の舞台になんかまるで興味なく、声オタだったこともあり、声優さんの演じるキャラクターが1番だと常々思っていました。
今回の舞台が発表された時も、私は絶対に行かないだろうと思っていたのです。
気持ちが変わったのはキャストが発表されてからでした。
当時は全く分からなかったのですが、どうやらとんでもなく豪華キャストだったようで
確かに回ってきたビジュアルも私のイメージを3次元に具現化したようなハイクオリティのものでした。
このクオリティならちょっと見てみたいかな?そう思ったものの、結局チケット戦争には参加せず、公演期間が始まっても流れてくる感想を眺めるだけで、特に自分からアクションは起こしませんでした。

公演も大詰めになったころ、知り合いからライビュのチケットが余ってるんだけど、とお声かけをしてもらいました。
ライビュなら値段も高くないし、初めてでもハードルが低いなと思って2つ返事で行くことを決めました。
思えば、この時すでに私の運命は決まっていたのだと思います。
仕事終わりに映画館に向かって、初めての現場の雰囲気にどきどきしつつ(やっぱり声界隈とは若干違うんですね)
公演が始まるのをわくわくしながら待っていました。

そして、公演が始まった瞬間。
開幕の第一声で、鳥肌が立ったことを、今でもよく覚えています。
それは間違いなく私の好きなキャラクターそのものでした。
声も、仕草も、表情も。
そこには間違いなく、そのキャラクターが立っていました。
後から知ったのですが推しは憑依型のお芝居に定評があるらしく、なるほど確かに板の上の彼にはキャラクターが憑依していたなと思うお芝居でした。
衝撃の観劇後は、ずっとやばい、凄かったしか言えませんでした。
ただただ誘ってくれて知り合いに感謝し、その日の舞台の感想をTwitterで興奮気味に垂れ流す。

それでもその時はまだ往生際悪く、まだ落ちていないと言い張っていたんです。
完璧に落ちたのはその舞台の再演を見てからでした。
今度は生で見たかったのですが、声の別イベントがすでにぎっしり入っていて予定が合わず、今回も泣く泣くライビュで拝見しました。
前回と違って今回は稽古の段階から俳優さんたちのTwitterを拝見し、日替わりもしっかりと追いかけ、何より全員の顔と名前を一致させていたので前回よりも楽しみでした。

そうして幕を開けた再演、もう言葉に表せられない。
開始早々また鳥肌が立ちました。
噂には聞いて知っていたけど、お芝居が全然違う…!!
それなのにキャラクターの根幹はブレていない…!!
"意図的に"変えているんだと気づいた時はぞくぞくしました。
板の上での圧倒的な存在感、たった一言の台詞で空気を変えてしまう演技力、全ての虜になりました。
もう完璧に落ちました。
頭から見事にどぼんです。

タイミングの良いことに次の日からFCが立ち上がったのですぐ入会しました。
次の主演公演のチケットも抑えました。
去年の雑誌を取り寄せて、Wikipediaの出演作品を上から順番に全部チェックし、気になる円盤をいくつか買いました。
今では毎日SNSが更新されていないかチェックしています。

こうして私は、見事に若手俳優沼に落っこちました。
若手俳優に落ちたからと言って、声をあがったわけではないので、これからも修羅の道を歩もうと思います。
私の人生に彩を添えてくれる推しが増えて、本当に幸せです。

 

 

さて、自分語りを長々しましたが。
10年近く声オタをやってきて、この度はめでたく落ちた俳優沼との違いをつらつら書いていきたいと思います。

 

 

1.出演作品
俳優さんは歴代出演作品が追い掛けにくい。
舞台なので仕方ないのですが、とにかく公演の円盤が手に入らない…。そもそも円盤にもなっていない公演が存在する…。悔しい…。
私は好きになったら出演作品は網羅したいタイプなので、これが1番しんどいです。
あと1年早く好きになっていれば…。
声優さんはアニメや外画の吹き替えのお仕事が主なので、TSUTAYAに行けばずらりと出演作品が並んでいます。
それはとても贅沢なことだったのだなあと改めて感じました。

 

2.チケット戦争
私の俳優での推しはとにかくチケットが取れない人らしいのですが、私はまだ本格的に戦争に参加していないので実感していません。
6月の新作が今から怖い。
けれど声の推しも相当チケットが取れない人なので、そもそも取れないことに慣れているというか、そこらへんの対応策は色々と心得ています。
というか声の推しなんてFC入ってて1次も2次も全滅、その後の先行も全落ちで一般でも取れないなんてことがざらなので、それに比べて舞台は公演期間が長く平日昼間は倍率も落ちるし、取れやすいのでは?なんて思ったりもしてるのですが…。
ここらへんは作品にもよると思うし実際に戦争に参加しないとまだなんとも言えないですね。

 

3.舞台と作品イベント
私は舞台俳優さんも声優さんも同じ"役者"というカテゴリーで見ていて、1番重視するのはお芝居なのですが、本域のお芝居が沢山見れるのは舞台俳優さんですね。
舞台で活躍しているので当たり前ですが、実は声優さんの本域のお芝居を堪能出来る機会ってそんなに多くないので、これはやっぱり嬉しいなあと思います。
声の推しは年に1回朗読劇をやってくれますが、全4公演中推しが出る2公演の倍率はもう本当に恐ろしいものです。
FCでも幻のチケット。
毎年繰り返されるクラスタ同士の殴り合いのチケット戦争…。
あと声優さんのイベントって基本アニメの円盤に"イベント優先申し込み券"が付いてきて、そこでチケットが当選してやっとイベントに行けるので(所詮円盤商法)、アニメの円盤代(7~8k)+チケット代(6k~8k)で1回のイベントに参加する費用は万超が当たり前です。
そうしてイベントは基本トーク+朗読のスタイルが多いので、そんなに長く本域のお芝居を楽しめるわけではありません。
もちろんトークも凄く好きだし、特に私の声の推しはラジオモンスターと言われているくらい喋りが達者な人なのでそれでも良いのですが、やっぱり"役者"としての推しを心ゆくまで堪能出来るのは舞台だなと思いました。
そもそもアニメ円盤買わないでチケットが買えるの素晴らしい最高。
今までの金額で2~3公演入れるし2~3時間はじっくりお芝居を観劇出来るしコスパは舞台の方が全然良いです。
推しの姿を拝めるという点ではどっちも変わりなく素晴らしいイベントですありがとうございます。

  

4.単独イベント、リリイベ
先日俳優の推しの方のファン感謝イベントが発表されました。
まずCDを2桁積まなくてもイベントに行けることに感動しました。
しかもイベント+握手と2ショと生写真ついて約7kとか安くないですか???
記念物販を購入しなければイベント自体は約4kですよ、10連回すのとほぼ同じ金額で生の推しに会えるのやばい。
CD1枚買うより安い値段で握手も2ショも出来るなんて実質無料ですよね?
しかも申し込み多数の場合は追加公演をやりますって公式側が既にアナウンスしてくれてる。
何なの、聖母?菩薩????徳高すぎないですか?????
公式様に足を向けて寝られないしこれからもお金を落とそうという気持ちにさせてくれますありがとう…。
こちとら毎回CDを2桁積んでやっとお渡し会やら握手会に行けるというのに、あまりにも待遇が良すぎて私は何に接待されているんだろう…。
チケットの購入方法は先着だそうですが、追加も決まってるし何より自分の力でもぎ取れる分、抽選よりずっと良いです。
初動売上からキャパと応募人数を想定して確率計算してさらにCD買い足すなんてこともしなくて良いのですから…。
あと俳優さんたちはファンの方と距離感が近いですね。
声の推しは人気すぎて手が届かないというか、ファンとの距離は遠いなあと思うので、距離が近いのは凄く良いなと思いました。

 

5.SNS
若手俳優さんはほぼ全員SNSをやってらっしゃるんですね!
すごい楽しい!
声の推しSNS系は一切やらず、本人も絶対にやらないと公言しているので、なんだか新鮮です。
しかし俳優の推しSNSをあまり更新してくれないので、結局は共演者の方のアカウントを遡って推しを探す日々です。
でもやっぱりリアルタイムに発信してくれるのは凄く嬉しい。
SNSをやってらっしゃる方が多い分カノバレなんかで炎上も多いそうですが、SNSをやってなくても週刊誌にすっぱ抜かれるのでそこはもう気にしません。
ただ、声の推しSNSをやっていない代わりにラジオのレギュラーが多いので、定期的に近況を生声で聞けます。
また、ラジオって移動中のBGMに最適なので大好きなコンテンツなんですが、俳優界隈はあまりラジオコンテンツがないようで寂しいです。
月1でも良いのでラジオやって欲しい…。
(私が調べきれてないだけですでにあったらごめんなさい)

 

 


比べてみるとやっぱり舞台沼の方がコスパが良い気がするので、最近の口癖は舞台沼はコスパが良いです。
絶対に全通したい!ってなってくるとまた変わると思いますが、1作品2~3公演入れれば、くらいの熱量だと舞台ですね。
声の推しの方が特殊すぎて私の感覚がおかしいのもあるかもしれませんが…。

あくまで私個人の感覚、さらに舞台はド新規にわかの考えなのでそこは深く突っ込まないでくれると嬉しいです。